電子帳簿保存法改正 PDFの請求書、領収書はどう管理すればいい?

電子帳簿保存法改正 PDFの請求書、領収書はどう管理すればいい?

電子帳簿保存法改正 PDFの請求書、領収書はどう管理すればいい?|ビジネスフォーマット(雛形)のテンプレートBANK
電子帳簿保存法改正により、PDFなど電子データで授受した請求書、領収書などについて「電子保存」が求められ、さらに、特定項目での検索、改ざん防止措置などの要件も定められています。タイムスタンプ等特別なツール・システムの導入なしで要件を満たす方法と、無料でダウンロードできるテンプレートをご紹介します。

上記記事より一部引用
テレワークやECの普及により、見積書や注文書はもちろん、請求書や領収書もPDFなどの電子データでやり取りするケースが増えてきました。
これまでは、PDFで受け取った伝票やWebサイトからダウンロードした領収書なども、プリントアウトして紙の伝票と一緒に一元管理することが可能でしたが、2022年1月1日の電子帳簿保存法改正により「電子データで授受したこれらの電子取引書類はデータで保存しなければならない」ことになりました。つまり、原本がデジタルデータの伝票類は、デジタルのまま保存してください、ということです。
そして、電子保存するにあたってはいくつかの要件が定められています。
※義務化については2023年12月末まで猶予期間が設けられました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました